ウルフムーンを900mmで撮る!

12ヶ月の満月にはそれぞれ名前が付いているのをご存知ですか?

1月:ウルフムーン

7月:バックムーン

2月:スノームーン

8月:スタジェンムーン

3月:ワームムーン

9月:ハーベストムーン

4月:ピンクムーン

10月:ハンターズ・ムーン

5月:フラワームーン

11月:ビーバームーン

6月:ストロベリームーン

12月:コールドムーン

2022年1月20日Am1時頃撮影。
旭川の20日朝の予想最低気温はマイナス24度。
気温がぐんと低くなる前日はたいてい放射冷却現象なので空は澄み切っている。
あまりにも月がキレイだったので急に思い立って三脚とカメラを持って玄関前へ。

・超望遠ズームレンズ

レンズは美唄の茶木さんから年末に思い掛けなくいただいたSIGMA 150mm-600mm f:5.6-6.3 DG(Nikonマウント)というとんでもない超望遠ズームレンズ。
ちなみにレンズはmm数が多いほど遠くのものが大きく写せる。

・焦点距離900mm!

組み合わせるカメラは同じく茶木さんからお借りしたNikon D5500。
このカメラ、普通の一眼レフとは違ってAPS-Cという規格のため35mm一眼レフ用レンズを付けると焦点距離が1.5倍となる。
そのため今回の150mm-650mmは225mm-900mmという超超望遠ズームレンズになる。
今までボクが使ってきたもっとも望遠のレンズで500mm程度だから約2倍遠いものが大きく写せるわけだ。

で、撮ってみたのがこの写真。
トリミングは多少しているもののなかなかきれいに撮れたのではないかと思う。

・新たな武器

このSIGMA 150-600という途方もない超望遠レンズは、これから様々な場面で活躍してくれるはずだ。
特に飛行機や野鳥を撮る時には大きな武器になるからだ。

望遠レンズは手ブレが非常に起きやすいので三脚に据え付けるのが基本。
でも、このレンズには手ブレ補正が付いているので手持ちでフリーに使いたい。
そうなるとかなりトレーニングが必要だ。
頑張るぞ!

・感謝

今までは夢や憧れの世界だった超望遠の世界を手にすることができた喜びは何と表現すればいいのかわからないくらい大きい。
ありがとうございます!茶木さん!感謝してます!

「ウルフムーンを900mmで撮る!」への2件のフィードバック

  1. 本当にきれいに撮れていますね。
    月ごとに、名前があるのはしりませんでしたが、1月のウルフムーン覚えました。2月はスノームーンとのこと、どんな月の色なのでしょう?楽しみです。
    私の名前はberumoonですが、tukinoko で登録されていますね。すみません、よろしくです。(^^♪

    1. BERUMOON様

      カリカリというわけじゃないですけどいい感じですよね。
      tukinokoさんもBERUMOONさんでしたか誰かなぁと思ってました。
      BERUMOONさんに直しましたよ!

一言コメントいただけるとうれしいです

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。