虎をX-H2で撮る

FUJIFILM X-H2の撮って出し。
どうだろう?
この精細感と色は

実に素晴らしいとボクは思う。

X-H2はAPS-C機だ。

フルサイズより一回り小さなセンサーに

4020万画素という

高画素を詰め込んでいる。

購入する前は

無理をしているのではないかと

この点が最も心配だったが

初見から
もしかすると

フルサイズ機だったCanon R5以上に

高精細かもしれないとすら

思わせてくれた。

また高感度撮影時の

ノイズも少ないと思う。

色も非常に自然で

調整の必要をあまり感じない。

というより

変に触りたくないと

思わせるほど美しい。

やはり

フィルムメーカーとして
色にこだわってきた

FUJIFILMの色は別格で

透明感に満ちている。

これこそ

X-H2に期待していたものだ。

いや

期待以上だと思う。

柔軟なカスタマイズ性も含めて

やっと欲しかった

カメラに巡り合えた気がする。

  • 撮影ポイント:旭山動物園
  • カメラ:FUJIFILM X-H2
  • レンズ:XF 50-140 F2.8 R LM OIS WR

「虎をX-H2で撮る」への2件のフィードバック

  1. 本当に自然に撮れていて、すぐそばで見ている感じがします。毛並みもふわふわしている・・・
    私は最近はフルサイズのカメラはほとんど持たなくなりました。
    お友達の中にはスマホだけで撮っている方もいて、でもやはり撮る対象で違うかもしれませんね。

    1. コメントありがとうございますボクもここまで写ってくれてうれしいです。曇天なこともあり少し暗いですが色もいいと思います。
      負けないように頑張ります❣️(^^)

一言コメントいただけるとうれしいです

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。