夜明け前 -霧の中のハルニレの木-

朝4時
帯広を出発し
5時前に到着した時は
低い位置に
オレンジ色の小さな三日月が
雲間から見え
頭上には
わずかながら星も瞬いていた。

真っ暗で
ハルニレの木が
どこにあるかもよくわからない中
ずっと
ハルニレと星を
撮っていたと思われる人達が
何人もいた。

この暗闇と
生来のぶきっちょが重なり
もたもたしているうちに
月も星も見えなくなった。
焦りまくったが
間に合わず。。。

次第に明るさが増して来る。
ほとんどの人が撤収する中
十勝川から立ち上る
濃い霧が辺りを埋め尽くした。

おぼろげに見える
ハルニレの木は
静かにたたずみ
何もできず
呆然と立ち尽くす
ボクを見下ろしていた。

一言コメントいただけるとうれしいです