春をマクロレンズで撮る 福寿草-2

今回は
少し引き気味で
撮ってみた。

今回の撮影で
一番困ったのは
ファインダーの
違いだった。

今回使用した
Nikon D5500は
従来の一眼レフの流れを汲む
光学ファインダー。

それに対して
僕が長年使って来た
オリンパスのカメラ群や
現在のメイン機 Canon R-5は
ミラーレスカメラなので
電子ファインダー EVFなのだ。

ミラーレスカメラの
ファインダーは
小さなテレビ画面のようなものなので
露出などを操作すると
ファインダーが
明るくなったり暗くなったりする。

しかし
光学ファインダーは
ファインダー越しに
見えているままなので
操作結果が
ファインダーに
反映されることはなく
撮影後に
背面モニターなどで
確認するしかない。

つまり
ミラーレスカメラは
ファインダーで見える絵が
ちょうどいい状態になったら
シャッターを押せばいいのだが
光学ファインダーは
熟練を要す。

慣れの問題とはいうものの
元々のミラーレス派は
本当に戸惑い
イライラする。

BLOG BGM

一言コメントいただけるとうれしいです